真面目で責任感が強い人

女性

ストレスに弱い傾向がある

うつ病は代表的な精神疾患のひとつですが、なりやすい人の特徴を知っておきたい人が増えています。うつ病は男女を問わず発症する可能性がある病気ですが、男性に比べると女性のほうがホルモンバランスが崩れやすく、結婚や出産、両親の介護などで環境が変化したり、強いストレスを受けたりしやすい傾向があります。精神神経科の病院やクリニックでは、問診やカウンセリング、心理テスト、診察などでうつチェックを受けて、様々な身体の症状が当てはまる場合は病気が診断されることが多いです。インターネットなどでもうつチェックが受けられるので、気になる症状が見られる場合は早めに受診して下さい。うつ病に罹りやすい人の特徴は、真面目で責任感が強い人や、環境の変化やストレスなどに弱い傾向があります。現代は学校や職場、家庭などでも精神的なストレスを感じている人が増えていますが、健康な人は一時的に気分が落ち込んだり、不安感が強くなったりしても1、2日で回復することが多いです。うつ病に罹りやすい人は、気分を切り替えるのが苦手で、他人の言葉や意見、叱責などを受けるとストレスを受けやすい傾向があります。3週間から、4週間を過ぎても、憂鬱な気分が続いたり、人と会ったり、話をするのが億劫な場合は早めに受診をして下さい。うつ病に罹ると記憶力や思考力が低下してきて、仕事や家事でミスをしやすくなったり、学生の場合は成績が下がってきたりします。気分が優れない状態が長く続き、うつ病の疑いがあると感じたら、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、うつチェックを受けて下さい。家族の協力が得られる場合はなるべく病院に付き添ってもらいましょう。精神科医は本人だけでなく、家族から話を聞くことで本人が気付いていない心身の不調を発見できることも多いです。精神神経科の病院やクリニックで、うつチェックを受けた後に、病気が診断されることが多いです。うつ病は内服薬やカウンセリングなどの治療が中心になりますが、薬の効果を高めるためには規則正しい生活を心掛けたり、十分な睡眠や休養を取ったりすることも大事です。うつ病に罹りやすい人は、真面目な性格の人が多いので、仕事や家事がスムーズにこなせないと自分に価値がないと感じることもあります。同居している家族は家族の変化を感じると、戸惑いを感じますが、腫れものに触るような態度を取ったり、必要以上に甘やかしたりするのはよくありません。うつ病が診断されたら、まずは外来による治療が中心になるので、抗うつ剤や抗不安薬を続けることが大事です。

診察

利用目的は早期の発見

ネットのうつ病チェックを使えば発病しているかどうかを調べられるので、早めの発見と治療のためにも利用してみると良いでしょう。うつ病か否かを調べる時は信頼性の高いサイトを使い、発病の疑いがある際や気になる症状があれば、精神科を受診してください。

詳しく見る

男性

お金も心も大切に

精神科に悪いイメージを持つ人はまだ多いですが、保険があればうつ病のチェックや診療に多額のお金がかかることはありません。さらに、適切な治療を受ければ悪化することもありません。金銭的なことを気にせず、少しずつ治療をすることが大切です。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病チェックを活用して病気を発見【うつ病に罹りやすい人の特徴】 All Rights Reserved.