かかったときのポイント

看護師

選択基準と取り組み

うつ病は精神の病気です。行動から考え方に至るまでを変えてしまうほど厄介なため、もしなったと感じたら、すぐに病院へ行くことが重要です。その際は、選び方のポイントを押さえ、適切な治療ができそうな病院を選ぶようにしましょう。病院選びのポイントは、相談役としてふさわしいかです。精神科と言うのは、患者の相談相手も兼ねます。カウンセリングの先生が話を聞いてくれるか、治療で行き詰った時に対応してくれるかなど、うつ病治療への協力性をチェックしましょう。まとめサイトなどで見つかる評価が、判断材料として最適です。利用者に何があったかを見れば、利用後自分がどうなるかも想像しやすいでしょう。病院選びで重要になるポイントはもう一つあります。うつ病の人は気力や集中力が続きにくく、自動車で通院すると事故に遭うリスクが上がります。なので、できるだけ徒歩圏内、もしくは交通機関を利用するにも電車などで行けるところを選びましょう。駅から遠くない、経路が単純で行きやすいなど、自分に負担がかからない場所が最適です。もし、自動車で通院する必要があるなら、家族の誰かに送迎を頼むなどで安全を考慮した方法を取りましょう。自力での移動は通常より負担が大きいことを考え、通院のしやすさをチェックするようにします。うつ病治療で重要なのは、罹患の可能性に早く気づくことです。このためには、周囲の協力が必要不可欠であり、家族などで確認し合うことが重要になります。もし、家族の一人に変調が見られたら、声をかけてあげましょう。本人は何ともないと言うけど気分の落ち込みが顕著、些細な言い合いで強く怒鳴ってしまい感情が不安定な時があるなど、普段と違った様子の時は要注意です。言葉を真に受けて見落とすというのがチェックで最も避けなければならないことで、どう見てもおかしいと感じたら受診に出る方がいいでしょう。無理矢理でも病院へ行く方が、将来的に好転する可能性が高いです。家族がかかった時の対処だけでなく、かからないようにすることも同様に重要です。うつ病の原因はストレスですが、このはけ口がない人は発症率も高めです。そのため、家族内でストレスが発散できる環境づくりをしましょう。ただ取りとめもない話をするだけでも、発散効果があります。不満を抱えている時でも、それを吐き出すだけで気分はだいぶ楽になります。それを、家族同士でやりあうといいでしょう。「最近どう」など、声をかければきっかけになることもあります。家族同士でできる最も簡単なストレスチェック、それがただ話すだけで実現できるわけです。

Copyright© 2018 うつ病チェックを活用して病気を発見【うつ病に罹りやすい人の特徴】 All Rights Reserved.